読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Music life in Fukuoka

ライブ参戦やイベント参加の感想などを綴ります!【不定期】

福岡・音楽のメッカ “ リバプール ”

f:id:notend69:20160929150522j:image

リバプール(英国)

 

リバプール ” と言えば、イギリス。
ビートルズが生まれた町だ。

f:id:notend69:20160929150604j:image

ビートルズ銅像(2015年建立)

 


イギリスのガーディアン紙では、福岡を『リバプールのような街』と紹介している。
理由は、海に囲まれた地形で、博多ROCK(めんたいロック)と言う音楽が盛んになり、多くのミュージシャンを輩出し、たくさんのライブハウスが建ち並び、居酒屋やクラブ、ビーチなど、そんな雰囲気がリバプールに似ていると言う。

f:id:notend69:20160929150707j:image

右が福岡

写真を並べてみると、建物のスケールは別として、確かに似ている。

 

そして、福岡天神の親富孝通りは、リバプールで言えば、マシュー・ストリートのようだと言う。

f:id:notend69:20160929150802p:image

マシュー・ストリート

 

だが、実際、英国のリバプールを知ってる方からすると、全く違うと否定されるが、その反面、海外で高い評価を受けている事に嬉しく思っている人も多い。


けれども、本場リバプールと似ているものは地形や街の雰囲気だけではない。
本場リバプールと同じものがある。
それは、本場リバプールビートルズが生きているように、福岡でも40年前の博多ROCKが、今もなお、愛し育まれていると言う事だ。

 

 


福岡天神、親富孝通りから、ちょっと奥へ入った所に『Music Bar JUKE JOINT』と言うお店がある。

f:id:notend69:20160929150847p:image

f:id:notend69:20160929150931j:image

JUKE JOINT

 

 

この店のオーナー『松本 康氏』は、博多ROCKの伴走者で、サンハウスと共に博多ROCKを生み出した一人だ。

f:id:notend69:20160929151020j:image

 松本 康氏(現在:上)サンハウス(1976:下)


この店に、博多ROCKが生きている。
松本 康氏を初め、サンハウス、シーナ&ザ・ロケッツが現役で活動し続けている限り、当然、博多ROCKは生きていると思われるかもしれないが、そんな次元の話ではなく、それを遥かに超えた福岡のファンの熱意、いや、もはや慈愛と言ってもいいだろう。
その慈愛によって、博多ROCKが産声を上げた40年前から色褪せる事なく、今もなお、大きく育まれている事に驚く。
それを目の当たりにした時、ファンの熱意に感激し、尚且つ感服し、更に感動する。

40年間、色褪せる事なく街全体に愛され続けるバンドは居るだろうか?
そう思った時、頭によぎったのは、ビートルズとプレスリーだった。
ビートルズファンも後世に受け継がれ、未だ人気。
プレスリーファンも然り。
サンハウス、シーナ&ザ・ロケッツも、ビートルズやプレスリーのように、永遠に愛され育まれて行くと確信している。

そして、松本 康氏を初め、彼の店『JUKE JOINT』がある限り、心に深く残る本物の音楽の炎は消える事はない。
それを知りたい時は、JUKE JOINTを訪ねるといい。


また、松本 康氏は『ジューク・レコード』と言うレコード店のオーナーでもある。

f:id:notend69:20160929151104p:image

この店にも、それは生きている。
音楽好きの人には、たまらない店だ。
燻った魂も、ここに来れば、再び、光を取り戻し、燃え出すこと間違いない。
それほど魅力的な店だ。


場所は、JUKE JOINTのそば。

f:id:notend69:20160929151152p:image

 訪ねる価値は十分にある。

 

 

 

イギリスから『リバプールのような街だ』と認められた福岡。

この名誉を胸に、ビートルズやプレスリーのように、博多ROCKを愛し育み、心に深く残る本物の音楽を後世に残して行く事が、これからの夢だ!

f:id:notend69:20160929154245p:image

 

博多ROCK、まだまだ走り続ける!

 

 

ー NOT END ー